大雨の恐れで、家財を一時的に持ち出し、近くの倉庫に移しましたが家財が損害を受けてしまいました。火災保険の「家財」で補償してもらえる? - 火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 宮崎(都城市、鹿児島県曽於市)

HOME > 目的別保険相談 > 大雨の恐れで、家財を一時的に持ち出し、近くの倉庫に移しましたが家財が損害を受けてしまいました。火災保険の「家財」で補償してもらえる?

火災保険の保険金請求

大雨の恐れで、家財を一時的に持ち出し、近くの倉庫に移しましたが家財が損害を受けてしまいました。火災保険の「家財」で補償してもらえる?

2020年02月18日

【ご相談事例】

大雨の恐れがあったので、家の中から大切な家財を一時的に持ち出し、近くの倉庫に移しました。
しかし、倉庫も被害にあい、家財が損害を受けてしまいました。

この場合、マイホームにかけている火災保険の「家財」で補償してもらえますか。

【ご回答】

火災保険から補償を受ける場合には、さまざまな要件が必要になります。

具体的な要件について、順番に見ていきましょう。

1.水災が補償の範囲になっている?

水害による被害については、契約している火災保険が「水災」を対象にしていなければ補償を受けられません

2.倉庫はどこにある?

建物から持ち出された「家財」については、補償の対象外になると考えるのが一般的です。

しかし、家財を一時的に移した「倉庫」が同一の敷地内にあり、マイホームの一部とみなされていれば、倉庫内で家財に生じた損害も補償の対象になる可能性があります。

3.水害の規模は?

火災保険の水害では、台風や豪雨による洪水などにより家屋が流されたケースや、居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けたケースでは保険金が支払われますが、床下浸水の場合には補償の対象外になるのが一般的です。

このように、火災保険から補償を受ける場合には、さまざまな要件をクリアしていなければなりません。

まずは保険会社に連絡をして被害の実態を伝えたうえで、どのような補償が受けられるのかを相談するといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。