妻と離婚しましたが生命保険の保険金受取人は妻のまま。受取人の変更はできますか? - 生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 宮崎(都城市、鹿児島県曽於市)

HOME > 目的別保険相談 > 妻と離婚しましたが生命保険の保険金受取人は妻のまま。受取人の変更はできますか?

生命保険の加入中

妻と離婚しましたが生命保険の保険金受取人は妻のまま。受取人の変更はできますか?

2019年02月20日

【ご相談事例】

昨年、妻と離婚しましたが、生命保険の保険金受取人は妻のままです。
この場合、受取人の変更はできますか。
また、年末調整で生命保険料控除の対象になりますか。

【ご回答】

生命保険の保険金の受取人の変更は可能です。
加入している生命保険会社に連絡をすれば所定の手続き方法を紹介してくれるので、まずは連絡をしてみましょう。

また、生命保険の保険料をご自身が支払っていれば、生命保険料控除の対象になります。
年末調整で所定の手続きをとるといいでしょう。

ところで、生命保険の受取人はどなたに変更する予定でしょうか。
お子さんがいらっしゃる場合には、お子さんを受取人にしていいかもしれません。

もしも、お子さんがいらっしゃらない場合や、受取人にしたいと考える人がすぐに思いつかない場合には、ご自身を保険金の受取人にしておくといいかもしれません。

そうすれば、死亡保険金は相続財産になり、相続人に渡すことができます。

また、この機会にリビングニーズ特約への加入も確認しておきましょう。
リビングニーズ特約を付けていると、余命宣告された場合に生前に死亡保険金を受け取れるため、自分のために使うことができます。

リビングニーズ特約の保険料は不要ですので、未加入の場合には加入しておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。