こども保険に付けられる医療保障について、メリットとデメリットをおしえてください。 - 医療保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 宮崎(都城市、鹿児島県曽於市)

HOME > 目的別保険相談 > こども保険に付けられる医療保障について、メリットとデメリットをおしえてください。

医療保険の新規加入

こども保険に付けられる医療保障について、メリットとデメリットをおしえてください。

2019年08月22日

【ご相談事例】

こども保険にも医療保障を付けられると聞きました。
友人からは保障があるのは安心だけど、メリットとデメリットがあると言われました。
どういう意味でしょうか。

【ご回答】

こども保険は、お子さんが加入する保険の総称で、学資保険のようにこどもの成長に合わせて進学費用などを準備できる貯蓄性が高い保険も「こども保険」と呼ぶこともあれば、子どもを対象にしている生命保険や医療保険などを「こども保険」と呼んで、学資保険と区別する場合もあります。

まず、学資保険について考えてみると、お子さんが病気や事故、けがなどによって死亡した場合に保険金が受け取れる「死亡保障」や、入院した場合に給付金を受け取れる「医療保障」が付いたプランが販売されています。

こうした保障が充実したプランは、万一の場合でも安心できるというメリットがありますが、その分保険料が高くなってしまうため、貯蓄性が損なわれてしまうというデメリットもあります。

一方、お子さんを被保険者にした生命保険や医療保険に加入する方法について考えると、入院保障などがあると万一の場合に安心できるというメリットがあります。

しかし、保険料の負担が新たに生じてしまうため、家計が圧迫される可能性があるのはデメリットと考えられます。

また、保険に加入する優先順位では、お子さんよりも一家の大黒柱であるご主人の保障を充実させるほうが重要になる場合もあります。

お子さんの保障を充実させる方法には、ご主人を被保険者にした保険の範囲を「家族」に拡大することで、家族全体のリスクをカバーできるプランもあります。

迷った場合には保険屋さんに相談をして、適切なプランを紹介してもらうといいかもしれません。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。