お客様の声 - 保険相談 見直し.jp - 宮崎(都城市、鹿児島県曽於市)

HOME > お客様の声

お客様の声

最後は人と人との繋がり、信頼関係が大切!!(天満屋様)

2013年07月19日

天満屋様

私が26歳で神戸から帰郷した時期に池田社長とお会いしてから、同じ年と言う事もあり以来かれこれ約20年の付き合いになります。

『保険』と言うものに初めて加入したのは23歳の時。考えてみるとそれから色々な保険に加入してきました。私が約3年前に『有限会社 天満屋』の代表取締役に就任した際、これまでの保険を公私共に全て見直す事にしたのですが・・・。

『保険の見直し』と簡単に考えたもののこれがなかなか難しく、私自身及び会社の実状にあったプランが無く苦慮していました。

そこで、友人としてまじめで信頼できると感じていた池田社長に相談してみることにしました。
人間的には信頼を置いていましたが、初めての仕事上の付き合い。どの様なプランを持ち込んでくるのか期待半分、不安半分。

結果としては池田社長に相談して『大正解!!』。

こちらの立場で考え抜かれたプランと、それをこちらが理解できるまで根気よく説明してくれる真摯な接客。
今では、私自身はもちろん家族・会社の保険を殆どお願いしています。

どの様な仕事でも最後は人と人との繋がり、信頼関係が大切!!
その点で池田社長が中心にまとまっている『保険の匠』さんは信頼のおける会社だと感じています。

これからは友人としてだけではなく、良きビジネスパートナーとしてもお付き合いをさせて下さいね。宜しく願いします。

安心を売っているなと実感できる(鹿島税務会計事務所 税理士 鹿島様)

2011年05月18日

鹿島税務会計事務所 税理士 鹿島様

元々、私自身、本業の傍ら、別会社にて保険の代理店業務も行っておりましたが、そんな折に、池田社長との出会いがありました。税理士として、日常、クライアントと接していると様々なご相談があり、保険の見直しについても、ご相談が寄せられます。当初、池田社長と何度もお会いするうちに、常にお客様の視点に立ち、時間を惜しまず、お客様のニーズを最大限に引き出し、本当に質の高いサービス提供をされている社長に心惹かれ、以来、損害保険案件については、保険の匠様に、100%アウトソーシングしております。

保険の匠様は、社長、専務、そして他のスタッフの方全員が、決して物売りではなく、安心を売っているなと実感できる点では、これぞ、真のプロ代理店といったところでしょうか。私も、保険の匠ファンの一人として、私自身の車両保険、火災保険等についても勿論、保険の匠様で契約しておりますが、その中でも特に、生保と損保が一つになったイメージの「超保険」、これは補償のもれやダブりを解消する点でもシンプルで分かりやすく、契約して本当に良かったと思っております。

これは余談ですが、保険の匠様に来所した際、いつも、スタッフの皆様に笑顔に迎えて頂きます。自慢の美味しいコーヒーを頂き、帰る際には、また笑顔で送って頂き、幸せな気分になってしまいます(笑)今、保険の見直しを検討されている方も、まずは「保険の匠」に足を運んでみてください。

詳しくご説明いただきとても分かり易かったです。(中村様)

中村様

営業で会社を訪問したところ、偶然にも社長の池田さんが高校時代の先輩でした。
漠然と保険のことを考えていたところ、今回の保険をご紹介いただきました。

今まで病気や怪我に対してあまり深く考えておらず、40歳も過ぎ、健康面にも気を使うようになり
改めて保険の必要性を感じました。

今回入った保険ばかりではなく、保険に関する事を全体的に詳しくご説明いただきとても分かり易かったです。また先輩でしたので何でも聞くことができて安心でした。

TVCMでやっている外資系の商品と比較しましたが、今回「超保険」に加入しました。
保険が1本化されて整理が出来たと思います。

担当者の人柄で選びました。(特定非営利活動法人 笑福会 理事長 竹内様)

特定非営利活動法人 笑福会 理事長 竹内様

中小企業家同友会で知り合い法人として自動車保険やいろいろな生産物の賠償の保険に加入してます。個人的には超保険を紹介してもらいました。
リスク管理として、保険は必要だと感じています。

損保ジャパンと比較しましたが、東京海上日動の方が良いと思いました。
一つの証券に色々な保障をつける事ができ、管理をしていただける点が良かったです。

担当者の人柄で、保険の匠を選びました。

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。